2018年04月03日

オートマチックバイオリン 解説B C Dについて

つい先日咲いたと思ってた弊社の庭の桜ですが、ここ何日か暑いくらいの天気だったせいか散り始めてしまいました。

IMG_6816.JPG


前回からかなり空いてしまい、内容を覚えてない方も多いかもしれませんが、今回は

 B定位がない。
 C自宅に眠ってる楽器を有効に使える。
 Dインテリアとして抜群。

の3点について綴りたいと思います。


まず上記Bの『定位がない。』について

定位がないというのは言い過ぎですが、普通のオーディオほどの定位のシビアはありません。

私見ではありますが、ステレオ再生で楽しむオーディオというのは定位がとてもシビアな気がします。
左右のスピーカーの真ん中で聴かないといけないので、位置はとてもシビア。
これはツイーターの音が一直線に伸びるという特性が関係しており、高性能なスーパーツイーターを付けると更に高音は伸びる半面、リスニングポイントは益々シビアになります。

対してオートマチックバイオリンは『定位がない』というのは言い過ぎにしても、オーディオほどシビアな定位はありません。
もちろん一番聴こえの良い位置は存在します。その位置も一番聴こえが良いだけで、ちょっとずれてもオーディオほどはずれません。
音が360度に広がる為とイメージください。

簡単に比較イメージを作ってみました。

再生イメージ1.bmp

スピーカーと自動演奏装置を併せて再生するとこんな感じと思ってください。
バイオリンには信号をLR入れてます。

再生イメージ2.bmp


この再生方式は特許を取得しています。
特開2011−035851
お暇な方はウルトラパテント等で調べてみてください。


続いて『C自宅に眠ってる楽器を有効に使える。』について。

弊社のお客様に、ご自宅に眠ってる思い出の楽器を使いたいと言われ装置一式を購入された方がおられます。
大学生の時に第一バイオリンをされてたそうで、思い出の楽器をシステムに組み込まれ楽しまれてます。

この様な方はかなり少数派かもしれませんが、かつて日本はバイオリン生産大国だった頃がありました。
その名残りからか、ご自宅や倉庫にご先祖のバイオリンが眠っている方は意外と多いと聞いています。

楽器は飾るだけでも絵になりますが、是非有効にこの装置を有効活用されてみてはいかがでしょうか。
この部分は『Dインテリアとして抜群』の部分と大いに被るのですが、インテリアの一部として楽器を置いてみるのも悪くないと思います。

もし山口に来られる事があれば、是非一度弊社試聴室にお寄りください。
音楽再生の可能性が一気に広がれば幸いです。
posted by ladder craft7 at 22:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: