2019年06月13日

ヘッドフォンチューニング ソニー MDR−1AM2

少し前の事ですが、お客様よりヘッドフォンチューニングの依頼がありました。

機種はソニーのMDR−1AM2。新品です。


53FC800C-7CB6-4A1F-AE63-8123EB057FFC.jpeg


ソニーのMDR−1シリーズは毎年のようにバージョンアップを繰り返してますが、年を追うごとに良くなってる印象です。

チューニングの内容としては、イヤーパッドを外してドライバーを取り出し、純正のケーブルとドライバーの間に1段のラダーを組み込むという物です。

まず、傷対策にハウジングにマスキングを施します。施工前はこんな感じですが


2AB1738F-77C7-4E11-9414-E81ABAAF796D.jpeg


3BC087A8-2476-4928-A492-F102092F0968.jpeg


施工後はだいたいこんな感じです。
次にイヤーパッドを取り外します。


DEE29204-CDC6-4095-986E-7237EF4D200C.jpeg





3EF5B922-9465-4B46-BCFB-55D4F3A4A715.jpeg


ドライバーが見えてきたので取り外します。
上の写真が左で下の写真が右です。


AC9463B6-AB90-4F13-A295-9F48081F2508.jpeg


09EB4A7C-E854-43A3-B0F0-47A8B3F06AE0.jpeg


バランス対応が標準なので極数が多いのがわかります。
ここにラダーを組み込んでいきますが、写真は非掲載とします。


46B28357-E685-4887-93E4-98EEE486E631.jpeg


最後に組み立ててマスキングを剥がし、ラベルシールを貼って完成です。
主観ではありますが、ヘッドフォンにラダーを組み込んだ時の傾向はどのモデルも同じで、クリアになり耳あたりが良い音になるのは勿論、ドライバーのストロークが正確になるのがよくわかると思います。
より、そのモデルの良さが引き立てられる印象です。

どのヘッドフォンでも行ってるという訳でもないので、チューニング前に一度ご相談ください。
posted by ladder craft7 at 10:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: