2014年03月24日

ライトニングケーブル(lightningケーブル)補強のポイント

先日アップしたlightningケーブルの補強、使用するのは熱収縮チューブではありますが高収縮タイプの少し特殊な物を使用します。
根元をガチガチにしたい方に特におすすめです。

自作でlightningケーブルの補強をしたいという方もおられるでしょうから、その場合の材料と手順も載せておきます。

・熱収縮チューブ(6mm)
・ヒートガン(無い場合はライターでも可)
・加熱時のケーブル保護材

全体を覆う加工する方法もありますが、根元だけを補強する方法がケーブルが硬くならなくて良いと思います。
手順はおおまかに3つ。

@熱収縮チューブを20mm程度にカット。
Aケーブルに被せる。
B熱が加わる箇所の周りを保護材で覆い、加熱。

以上の簡単な作業です。ライターで加熱する方は十分注意して行って下さい。

ただ、この方法だと時間が経過すると被せた熱収縮チューブが時間経過で外れる場合があります。
Aの時にあらかじめ接着剤等を少しケーブル側に付けると外れにくくなると思います。
posted by ladder craft7 at 11:20| Comment(0) | ケーブル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: